27歳独身男性黒服の熟女との出会い

熟女キャバクラにいるから、熟女との出会いには困らない。
しかし俺は若い女が好きだ。なのにどうして熟女キャバクラにいるのかというと、
ここで黒服をしていれば絶対に恋愛でトラブルことはないから。
だって俺が好きなのは若い女なのに、
熟女との出会いばかりのここ熟女キャバクラで働いている限り、
黒服をしていようがなんだろうが、
俺が誰かと恋愛に陥るということは絶対にない。
だって俺、興味ないもん。
だからキャスト女性のことを純粋に商品として見ることができる。
これが本来のあるべき姿だ。
まあ、そもそも日本はロリコン大国だから熟女キャバクラの収入は微々たるもので、
キャバクラやクラブにはかなわない。
まあ熟女っていっても30歳を過ぎた女のことだ。
恐ろしいことにAVやキャバレーといった水商売や性風俗産業においては
30歳を過ぎた女は熟女というカテゴリーにカウントされてしまう。
怖っ。おばさんは30歳からということだ。
じゃあ、おじさんって何歳からなんだろう?同じく30歳からなんだろうか。
うわー。こう考えると、
人生っておじさんやおばさんになってからの方が長いじゃん?恐ろしいよ。
若い時なんてほんの20数年で終わっちゃうんだな。まるでセミだな。
みんみんと元気に鳴ける時期は少なくて、あとは、死んじゃうって感じの。
俺はそんな長生きなんてしたくないな。
老人になってまで生き延びたって仕方がないし。
27年も生きればもう十分なんだから、これ以上、生きたら、
もう仙人になっちまうよ。