円光

「仕事から帰るついでに買い物してきて。」「休みの日は家にじっとしないで家事とかたまには手伝ってよ。」「あなたの洗濯物を一緒にしたら臭いでしょう。別々にしたいから一緒に入れないで。」結婚して10年が経つと優しかった妻はどんどん変貌して恐妻家になってしまいました。子供はいないのに何故、専業主婦で過ごせるんだろう。外に出たいと思わないだろう。俺は仕事でも、妻は家にいるだけで何故買い物を頼まれなきゃいけないんだろう。と、思う日々が続いてます。

仕事の帰りは高校生の女子を見ると円光したいという変な願望が出てきます。妻とはHはしてないし、したいとも思わない。だけど若い子とはやりたい。円光が犯罪行為ではなかったらやってるだろうなと思いました。
セフレはJK

そんなある日、人身事故で電車が停車してしまいました。動き出す間、電車の中で本を読んでいると隣に座っていた20代の女性が辛そうな顔をしていました。話しかけて見ると体調が悪いと言っていたので私は飲んでいない水をあげました。女性はお礼を言ってからその水を急いで飲みました。「助かりました。お金払います。」「気にしないでください。」その日はそれで終わりました。次の日も彼女と電車で会い、私達は隣同士で座りました。普段円光を妄想していた私は彼女とデートをしたい妄想をするようになりました。そして、彼女から食事に行こうと誘われました。私には妻がいるということを言ってあないので、このまま何も言わなかったら付き合ったりするのかなと思ってしまいました。私は彼女に
結婚していることを伝えないで食事に行くことにしました。
JKと円光する
援交サイト